結婚式のロゴを無料で作成する方法

印象的な結婚式にしたいときには、招待状などに特徴的なロゴを入れたい人もいるのではないでしょうか。二人だけの特別なロゴは、結婚式を挙げる新郎新婦だけではなく、参列した家族や親戚、友人にとっても素敵な思い出になることでしょう。

ですが、できたら費用を抑えたいものです。そこで、結婚式のロゴを無料で作成する方法を紹介します。

ゲーム風のロゴを作成するコツと方法

めおとロゴ

結婚式のロゴには、二人のイニシャルを使いたいと考えている人におすすめなのが、「めおとロゴ」です。結婚情報誌で有名なゼクシィが運営するゼクシィアプリ限定のサービスなのですが、何個でも好きなだけ作成できるので、参列者の分だけロゴを作成することも可能です。

作成方法はとってもシンプルで、まずはゼクシィアプリをダウンロードします。そして、「めおとロゴ」を検索したら二人のイニシャルを一文字入力します。あとは、自分たちが気に入ったデザインと色、そしてメッセージを選択するだけで、あっという間に素敵なロゴが完成します。

完成したロゴは、招待状だけではなく、ペーパーナプキンや引出物を入れる紙袋に印刷すると印象的になります。ゼクシィアプリも無料で使えるので、お得な結婚式の準備に役立ちます。

DesignEvo

本格的なロゴを作成したい。

でも、プロでもないしロゴ作成自体したことがないので不安だという人におすすめのサービスです。プロのクリエイターによるテンプレートやアイコンは数百万点に及び、どれもクオリティの高い作品です。

数あるデザインのなかから自分好みにカスタマイズすることができます。結婚式は一生に一回の特別なイベントです。ありきたりなデザインではつまらない。個性的でユニークなロゴを作成したいという人にはピッタリです。

DesignEvoの使い方は「無料でロゴを作成する」をクリックして、後はテンプレートを選択して、ロゴにしたい文字を入力するだけです。

細かい調整もすることが可能なので、プロが作ったとしか思えないような素敵なロゴも作れます。

Weddingchicks

デザインはしたことがないけれど、結婚式のロゴは、二人だけの特別なものにしたいと考えている人にピッタリなウェディングサイトです。二人のイニシャルをモノグラムにして、様々なデザインにすることで、まさに世界で1つだけのデザインを手に入れることができるのです。

作り方は、weddingchicksのサイトにアクセスして無料のテンプレートや色を選ぶだけです。それだけで特別なロゴが完成するので、とっても便利で簡単です。海外のウェディング情報であるweddingchicksには、日本とは違うデザインも多数掲載されているので、海外ならではの華やかなデザインのロゴも作成できます。

会員登録も不要なのでダウンロードすればすぐに利用することができます。ダウンロード後は「FREE PRINTABLES」をクリックして、お好みのアイテムや画像をクリックするだけで完成します。

LogoMaker

結婚式のロゴは、素敵な英字にしたいという人もいるでしょう。そんなときに活用できるアプリです。アプリで簡単にできるので、外出中に作成することもできます。アプリをダウンロードしたら、後は豊富に揃えられたテンプレートから自分たちが気に入ったデザインを選び、色やフォントを変更しながら、自分たちだけのお気に入りの作品を完成させます。

そして、完成したロゴはPNGやJPEGで保存することもできるので、結婚記念日や特別な日には再び使用することができます。アプリ内は無料で使えるものがほとんどですが、なかには課金しなくてはできないこともあるので、使う前にはよく確かめてから使いましょう。

ロゴ付きのボールペンを作成するメリットや注意点の詳細

ハンドメイド

ロゴ作成は、フリーハンドやパソコンでハンドメイドすることも可能です。一からデザインするというのは、わからないことも多く完成するまでは困難に感じることもあるでしょう。ですが、だからこそ完成したときの感動は計り知れません。

ですが、このときには注意も必要です。まずは、小さすぎる文字は文字潰れを起こしてしまう可能性があります。せっかく招待状が完成しても、何が書いてあるかわからなくては意味がありません。結婚式のロゴで大切なことは、まず何を書いてあるかわかりやすくすることです。

そして、文字の周囲に花や鳥をあしらうときには、その意味について調べておくようにしましょう。たとえば、黄色い薔薇の花は彩りもよく、イニシャルの周囲に配置したい花でもあります。ですが、その花言葉は「愛情の薄らぎ」です。

また、おしどり夫婦という言葉から、おしどりをデザインに取り入れたい人もいるでしょう。ですが、実はおしどりは浮気性のため、結婚式には不向きな鳥なのです。

また、華やかなイベントでは明るい色を意識するようにして、黒やグレーなどの色は避けるようにします。また、クリーム色や薄い黄色は白に重なったときに見えづらくなるため、ロゴには使用しないようにします。ハンドメイドでロゴを作成するときには、柄の1つ1つを確認してから使いましょう。

結婚式のロゴ作成で注意すること

結婚式のロゴ作成でアプリやサイトを利用するときには注意することも必要です。無料で作成できると記載があっても、無料でできるデザインやメッセージには限度があります。

希望のロゴをデザインしようとしたら、思わぬ金額を請求されるということもあるので、無料でどこまでデザインができるのか、どこから有料になるのかをチェックしておきましょう。また、アプリによっては日本語対応をしていないものもあります。

作成するときには、日本語対応しているところを選ぶようにしましょう。そして、結婚式は一人で行うものではありません。ロゴを作成するときにも、必ず二人で話し合って、満足がいくデザインを完成させましょう。そして、ロゴを作成する時期も必要です。

結婚式の準備はやることがたくさんあってなにかと忙しくなります。ロゴは招待状にも利用するため、結婚式の準備を始めたらすぐに作成するようにしましょう。

ロゴを作成するときに知っておきたい解像度

結婚式のロゴを作成するメリット

結婚式のロゴを作成することは、式全体のイメージにも関係してきます。暖色系のロゴを施した招待状やペーパーナプキンは、それだけで会場全体をアットホームの柔らかい雰囲気にしてくれますし、紫やゴールドを使い高級感を演出することもできます。

どの方法でロゴを作成するのがふさわしいのかを検討して、理想のロゴを作成しましょう。